ネット詐欺

FX詐欺の8つの見分け方や手口を解説-自動売買詐欺に遭ったらどうする?

外国為替証拠金取引であるFX詐欺でよくある手口や見分け方は以下になります。

FX詐欺のよくある手口
  • セミナーという名目で代金を払わせる手口
  • ”絶対儲かる”などの文句で高額な自動販売ツールを売りつける手口
  • 提携先の詐欺業者である金融機関に口座開設・入金させる手口

以上のような手口で騙されたFX詐欺の被害者が沢山発生しているのが事実です。

このような手口に騙されないようにするためにどうしたらいいでしょうか

当記事では、FXの自動売買詐欺の見分け方だけではなくて様々な対処方法を紹介します。

「私は絶対騙されるはずがない」と思わず、事前にしっかり学習しておきましょう。

他にも、FX詐欺に関して以下のことがわかります。

この記事でわかること
  • FX詐欺の手口
  • FX詐欺の見分け方
  • FX詐欺によく使われる取引先
  • FX詐欺の騙されないため事前対策法
  • FX詐欺に被害に遭ってしまった時の相談先

被害に遭わないためには、FX詐欺について知ることが大切です。FX詐欺について知り、詐欺師に騙されないようにしましょう。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

関連記事
MT5詐欺のよくある手口
国際ロマンス詐欺の仮想通貨
振り込め詐欺の返金
お金を騙された時の被害届

Contents
  1. FX詐欺の恐ろしい手口とは?実例から学ぶ9つの注意点
  2. FX詐欺かも?8つの見分け方を紹介
  3. FX詐欺に要注意!巧妙化するアプリから身を守る方法
  4. FX詐欺によく使われる3つの取引所
  5. 信頼性が高いFX会社を見極める4つのポイント
  6. 安心して取引できる国内のFX会社4選
  7. FX詐欺の手口に騙されないための事前対策法
  8. FX詐欺の手口に騙されてしまった時の相談先
  9. FX詐欺に関するよくある質問3つ
  10. まとめ:”怪しい”と思ったらすぐ相談!FX詐欺の手口を理解して十分に対策しよう

FX詐欺の恐ろしい手口とは?実例から学ぶ9つの注意点

FX詐欺手口ここでは、FX詐欺でよくある9つの手口に関して説明します。

FXの自動売買は違法ではないのですが、FXの自動売買ツールに関する詐欺が多いのは事実です。

FX詐欺の主な手口は以下の通りになるので、参考にして騙されないようにしましょう。

セミナーという名目で代金を払わせる手口

FXの自動売買自体は法で認められており、詐欺ではありません。しかし、セミナーという名目で代金を支払わせ、お金を騙し取る行為は詐欺にあたります。

セミナーの主催者に代金を支払ったにもかかわらず、連絡が取れなくなったり、クレームをしても対応が得られなかったり、FXとは関係のない内容のセミナーが開催されたりすることがあります。

支払った代金に見合わない低品質なセミナーであったということもあります。

さらに、無料相談会を開催し、後に高額なセミナーへの勧誘を行う手法にも注意が必要です。

初めは無料だからと気軽に参加したセミナーで、後に高額なセミナー料金を支払うことになるかもしれません。

もちろん、詐欺ではないセミナーも多く存在します。

ただし、高額なセミナー料金を要求された場合や、少しでも違和感を感じた場合は詐欺の可能性を疑うべきです。

お金を稼ぐためにFXを始めようとしているのに、詐欺被害に遭ってしまうと大きな損失です。

「絶対儲かる」などの文句で高額な自動販売ツールを売りつける手口

「絶対に儲かる」「リスクはない」といった甘い言葉で、高額な自動売買ツールを売りつけるFX詐欺が多く見られます。

特に知識のない初心者が騙されやすいです。

実際にお金を支払っても、ツールが届かなかったり、市販の本で手に入れられる知識に見合わない内容だったりすることもあります。

また、予想していた自動売買ツールとは異なるものであることもあります。

高額なツールを購入したからといって必ずしも利益が出るわけではありません。

投資には必ずリスクが伴い、どんなトレーダーでもそれを抱えています。

もちろん、詐欺ではなく、利益を出せるツールも存在します。

しかし、初心者にとっては判断が難しい場合もあるので、高額な自動売買ツールを売りつけられたら、まず詐欺の可能性を疑うべきです。

「絶対」といった文言で自動売買ツールを売りつけようとしている場合はほとんどが詐欺です。

甘い言葉に騙されることなく、注意しましょう。

提携先の詐欺業者である金融機関に口座開設・入金させる手口

金融機関と詐欺業者が共謀して口座を開設させ、入金させる手口が存在します。

この手法では、詐欺業者から詐欺師に報酬が支払われたり、個人情報が売買されたりすることがあります。

一般的に、口座開設には手数料などが必要ありません。

そのため、ハードルが低く口座を開設してしまうことにつながります。

お金がかからないなら問題ないと油断してしまうかもしれませんが、その油断が個人情報の売買など悲劇を引き起こすことがあります。

さらに、口座に入金された場合にはお金が持ち逃げされ、大きな損失を被る可能性もあります。

口座を開設する際には慎重に注意しましょう。

お金を払った途端に、出金拒否や連絡が取れなくなる手口

口座に代金を支払って自動販売ツールを購入する際に、出金が拒否されたり連絡が取れなくなったりする詐欺の手口が存在します。

自動販売ツールを手に入れたとしても、先に宣伝されていた「絶対に儲かる」といった効果は全く現れません。

投資には100%の確実性はありませんから、その点に留意しましょう。

販売業者に問い合わせてみても、多くの場合、すでに連絡が取れなくなり、住所なども虚偽の可能性が高いです。

詐欺師の目的はお金を手に入れることなので、目的が達成されれば連絡する必要はなくなるのです。

代金を支払う前に、販売者の情報をインターネットなどでしっかりと調査することが重要です。

情報がほとんど得られない場合は、原則的には購入を避けるべきです。

詐欺被害が報告されていないか口コミで確認することもできます。

FXトレード用の偽のアプリを使った手口

お金を騙し取る手口として、偽のFXトレード用アプリを利用する方法があります。

この手口では、偽のFXトレード用アプリをダウンロードするように誘導します。そして、海外の証券会社の口座を開設させ、投資を促すのです。

偽のアプリでは、運用実績が表示されますが、これは実際には偽の運用実績です。それに騙されて多額の投資をしてしまう人もいます。

この手口は非常に巧妙であり、運用実績が偽物であると疑う人は少ないでしょう。

偽のアプリを使用して高額な投資を勧められた場合は注意が必要です。疑わしいと感じたら、断ることが重要です。

「無料」を謳った手口

巧妙な誘い文句を使って口座を開設させる手口が存在します。

「口座を開設する際に手数料は一切不要です」「維持手数料も完全に無料です」といった言葉に魅かれ、FXに関心を抱き口座を開設した人々が、実際に100万円以上もの現金を騙し取られる事件が報告されています。

口座に入金したお金を引き出そうとしても、さまざまな出金条件が設けられており、FXで利益が出ているにも関わらず、結果的に元本を割り込むという事例も報告されています。

甘すぎる話には必ず裏があるため、注意が必要です。

取引結果を改ざんし偽る手口

取引結果を改ざんして偽る手口は、詐欺の中でも特に悪質な手法です。

この手口の特徴は、自動売買の取引を改ざんし、見かけ上儲けているかのように装うことです。

詐欺師は信憑性を高めるために、増える資金の様子をグラフなどで示して提示します。そのため、FX初心者などはつい信じ込んでしまいがちです。

また、画像は頻繁に加工されることもあり、一見して信頼性を判断するのが難しい点がこの手口の注意点です。

特にスマートフォンの画面は小さく、グラフなどを詳細に判断することが困難です。

SNS上で儲かっていることをアピールする手口

SNSを駆使したFX詐欺も非常に多く存在しています。

LINEやTwitter、FacebookなどのSNS上で、自らが儲かっていることを大々的にアピールしているFX業者にも要注意です。

SNSの広告には十分に気をつけましょう。

「絶対に儲かるから!」という勧めに応じて、SNSを通じてマイナンバーカードや運転免許証などの個人情報が書かれた書類を提供することは危険です。

このような業者からはFXを始めないことを強くおすすめします。

怪しいSNSは無視することがトラブル回避の鍵です。

クーリングオフに応じない手口

頻繁に見かけられるのは、契約を解除しようとしてもクーリングオフの権利が通用しない手口です。

消費生活センターには数多くの苦情が寄せられており、年間相談件数は15,000件にも上ります。

クーリングオフは特定商取引法によって明確に消費者の権利として認められています。

そのため、「おかしいな」と感じた場合は即座に業者にクーリングオフを通知しましょう。

クーリングオフは契約日から8日以内に通知することで、契約を撤回することができます。

相手がクーリングオフに応じないという場合、それは間違いなく詐欺であると考えていいでしょう。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

FX詐欺かも?8つの見分け方を紹介

FX詐欺見分け方

安全にFXを運用するために、詐欺の見分け方をご紹介します。

見分け方がわかれば、業者選びで失敗することもありません。

見分け方は以下の8つです。

「絶対儲かる」など派手な謳い文句、メリットばかりの強調

宣伝の中で派手な謳い文句を使って、「絶対に儲かる」「放っておくだけで利益が得られる」とメリットばかりを強調する場合には注意が必要です。

FXなどの投資は絶対的なものではなく、何もしなくても利益を上げられるというものではありません。

もし本当にそのような方法があれば、誰もが金持ちになってしまうでしょう。

もちろん、FXで利益を上げている人はたくさんいますが、それは簡単なことではないはずです。

また、メリットばかりを強調している場合も詐欺の可能性が高いです。

メリットがあれば必ずデメリットも存在します。メリットだけを信じることは避けましょう。

投資詐欺グループは、絶対や簡単などの言葉をよく使用して宣伝しますが、絶対的なものはなく、メリットだけということもありません。

絶対や簡単といった言葉が出てきた場合、ほとんどの場合は詐欺ですので、このような業者に騙されないように注意しましょう。

派手な文句に惑わされず、確実に資産を運用できる業者を選ぶことが重要です。

恋愛感情に訴えてくる

「2人の将来のために」といった言葉で結婚を匂わせ、恋愛感情に訴えてFXの投資資金を求めてくる手口です。

FXの自動売買自体は詐欺ではないので、その点は認識しておきましょう。

急にこのようなメッセージが送られると、ほとんどの方が怪しいと感じるでしょう。

しかし、長期的にメッセージのやり取りをしている相手から言われたら、つい信じてしまうこともあるでしょう。

喜びに浸り、舞い上がることでしょう。

その結果、冷静な判断を失ってしまうこともあります。

気づいた時には既に遅く、連絡先も消されて音信不通になっており、お金を失ってしまったという事態にもなりかねません。

詐欺師側にとっては、恋愛感情に訴えて話を進める方が成功しやすいのです。

女性であると思わせてやり取りしていた相手が実は詐欺師だったという手法は、FX詐欺ではよく見られますが、騙された側は非常にショックを受けることでしょう。

積極的に将来の話やお金の話をしてきた場合は、注意が必要です。

判断を急がせてくる

判断を急がされる場合は、一度冷静になり、怪しい点がないか確認しましょう。

今、買わないと損する」といった言葉で判断を急がせてきます。また、「期間限定」「数量限定」と焦らせてくる場合もあります。

急かされたり焦らされたりすると、冷静さを保つことが難しくなりますよね。

急いで購入した自動売買ツールが詐欺だったというケースもあります。

焦って勧められた商品やツールを購入することは避けましょう。

判断を急かされる場合は、詐欺を疑ってみることも良いです。

心配な方は、消費生活センターなどに相談してみることもおすすめです。

また、ネット上で同様な詐欺被害のケースがあるかどうか調べてみるのも良いでしょう。

SNSアカウントがお金や美人の画像

SNSアカウントが大量の札束のお金や美しい女性の画像である場合は、一度FX詐欺を疑った方が良いでしょう。

FXの自動売買ツールを使用して、「放って置くだけで利益が出る」といって詐欺のアカウントは儲かっているようにアピールします。

本当に利益を出している人は、そんなアピールをしませんよね。アピールしている時点で怪しいです。

また、アカウントが美しい女性のものである場合も要注意です。

外国の方の設定である場合も多いです。美しい女性に投資話をされるとつい乗ってしまいたくなる気持ちになるでしょう。

国内のFXがすべて安全だというわけではありませんが、海外FXには詐欺が多いので、特に注意が必要です

大量の札束や美しい女性の画像が掲載されている場合、実際には美しい女性がSNSを使用しているわけではなく、中身は詐欺師です。

SNSアカウントがお金や美しい女性の画像ばかりを投稿していたら、詐欺の可能性もあるので、関わらないようにしましょう。

突然の連絡、知らない人からのメッセージ

突然、知らない人からのメッセージが届いた場合は、詐欺の可能性があります。

不用意に返信しないようにしましょう。

メッセージの内容は、「楽に稼げる」「あなたも楽に稼いでみませんか?」など、投資に関するものです。

初めてメッセージをするのに、突然投資の話をするのは怪しいですよね。

メッセージを送ってきた人はSNSなどで、裕福な生活をアピールしています。

フォロワーが多いと信頼してしまいますよね。しかし、フォロワーの数はお金で買うことができますし、投資の成功体験談も恐らくは偽りでしょう。

突然知らない人からメッセージが届き、投資などお金の絡む話題をしていた場合は、高確率で詐欺です。

しつこくメッセージを送ってくる場合はブロックし、関わらないことが大切です。

高額な取引ツールを勧めてくる

高額な取引ツールを勧めてきたら、詐欺かもしれないと疑ってかかることが大切です。

FX詐欺を行っている業者は、せっかく高いお金を払って購入しても、まったく儲からないツールを無理矢理に勧めてくるケースが多いものです。

宣伝どおりの効果が得られない取引ツールを法外な値段で売りつけることによって利益を得るのが詐欺のやり方です。

SNS上でプロトレーダーや専門家だと名乗っている

SNSでは、プロトレーダーやFXの専門家を名乗り、興味のある人を引き寄せる手法が頻繁に行われています。

プロトレーダーになるためには一朝一夕ではありません。

特別な資格が存在するわけではありませんが、長年にわたる豊富なFX投資経験と、確固たる分析方法に基づく判断ができなければ、プロのトレーダーとは言えません。

さらに、月に20万円以上の利益を継続的に出すことも、プロトレーダーとしての基本的な条件です。

SNS上ではどんな肩書きでも掲載することができるので、うっかりと鵜呑みにしないことが重要です。

初心者だということに漬け込み、商材の購入を勧めてくる

FX初心者だということを知って、高額の商材の購入を勧めてくる業者は要注意です。

FXは不動産投資などとは違い、ある程度の専門知識がないとなかなか始めることのできない投資方法です。

スプレッドやレバレッジ、スワップポイントなどの基礎用語がまだ理解できていないのにもかかわらず、FXを始めるような場合があります。

その時に、初心者ということに漬け込んで高い商材の購入を勧めてくる業者は完全にブロックしなければなりません。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

FX詐欺に要注意!巧妙化するアプリから身を守る方法

FX詐欺騙される

最近、アプリなどを使ったFX詐欺が巧妙化してきていますので、十分に注意しましょう。国民生活センターも注意を呼び掛けている状況です。

「FXって聞いたことがあるけどどういうものなのかよくわからない」

「FXは大きな利益を得ることができるけれど、詐欺に遭う人も多い」

と思っている方も多いでしょう。確かにFXといえば、詐欺が横行してしまっているイメージがありますよね。

ところが、FXで自動売買することは法で認められていて詐欺行為ではないのです。

FXの自動売買のシステムについてご説明しますね。

FXで自動売買することは詐欺ではない

FXで自動売買すること自体は詐欺ではありません。なぜなら、自動売買は金融取引で認められているからです。

自動売買とは、書いて字の如く自動で売買を行うことです。そのため、時間がない方や副業でFXをやっている方にとっては便利です。

また、多くのFX会社が自動売買のサービスを提供しています。

ですが、この自動売買ツールにおける詐欺が横行しています。

実際に自動販売ツールを使用して利益を得ているトレーダーがいて、自動売買が法で認められていることも騙されやすい要因となっているのかもしれません。

また、FXの自動売買を始める際に設定をきちんとしておかないと、詐欺に遭う可能性が増大することも確かです。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

FX詐欺によく使われる3つの取引所

ここでは、FX詐欺によく使われる取引所を紹介します。

FX詐欺に引っかからないためにも、上記3つの取引所には注意してくださいね。

MT5(Meta Trader5):使える業者は日本国内で少ない

MT5(Meta Trader5)はロシアのMeta Quotes Software社が開発した「MetaTrader」の最新バージョンです。

MT5が使える業者は日本国内では少なく、OANDA JapanやAVATRADEのみです。

AVATRADEは取引サーバーも不安定だという評判が多いようなので、できるだけ他の業者を選んだほうがよさそうです。

FXGiants:非規制ブローカー

FXGiantsはバーミューダに企業登録されているNotesco Ltd.のトレードブランド名です。

2015年に設立されて以来、FXはもとより株式、インデックス、金属など200種類以上の商品取引へアクセスを提供しています。

取引コストが安いのがメリットですが、非規制ブローカーなのであまりおすすめできません。

POIPEX:FX投資スクールによる詐欺事件などが報告

POIPEXはイギリス、マレーシア、セーシェルにオフィスを持つ国際的な外貨ブローカーで、暗号通貨やエネルギー、貴金属などのCFD製品を提供しています。

POIPEXに関してはFX投資スクールによる詐欺事件などの例も何件か報告されているので、注意することが大切です。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

信頼性が高いFX会社を見極める4つのポイント

FX会社の信頼性が高いかどうかを見極めるために大切なのは、次の4つのポイントです。

各項目のポイントが高ければ高いほど、信頼のおけるFX会社ということになります。

FX会社選びは慎重にしたいものです。

運営歴が長い

まず、運営歴が長いかどうかをチェックしましょう。

運営歴が長いFX会社というのはそれだけ信頼度が高いということですので、詐欺に遭う可能性が格段に抑えられます。

日本のFX会社の中には約20年にわたる運営実績を誇るところもありますので、安心して取引が行えます。

利用者数が多い

利用者数が多いFX会社であれば、それだけ運営が安定しているということなので、詐欺に遭う可能性が低くなります。

利用者数が多い人気のFX会社には、世界190ヶ国に500万人以上のユーザーを有している「XMTrading」や2019年に設立された「FXGT」などがあります。

サポートデスクや公式サイトが日本語に対応している

海外のFX会社を利用している人も増えてきました。

FX取引では海外のFX業者を使っても違法ではありませんし、ゼロカットシステムが採用されているため、高いレバレッジをかけやすいのが海外の業者のメリットです。

ただし、日本でマイナーな会社の場合には公式サイトが日本語に対応していないこともあるので、できればサポートデスクなども日本語に対応しているところを選びたいものです。

口コミや評判が良い

FX詐欺に遭わないためには、口コミや評判をていねいにチェックすることが大切です。

実際に利用してみたユーザーの口コミや評判を読んで、安全な取引ができるかどうかを判断しましょう。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

安心して取引できる国内のFX会社4選

国内には人気のあるFX会社がいくつかありますが、その中でも特に運用歴が長く、実績が豊富で安心して取引できる会社を4つ選んでみました。

これらの会社なら、詐欺の心配をせずにFX取引ができます。

iサイクル:簡単な条件設定で自動取引!

iサイクルは外為オンラインの提供している自動売買ツールで、レンジを外れて上昇しても下落しても、相場に追従しながら24時間自動で取引を続けます。

設定も簡単、「ランキング方式」「マトリクス方式」「ボラティリティ方式」の3つの中から好きなものを選ぶだけです。

ツールの種類 リピート系
売買手数料 口座開設から90日間は手数料無料
向いている取引 中・長期(数ヶ月〜数年)
運用確認 デモトレード
使いやすさ ⭐⭐⭐⭐⭐
公式サイト https://www.gaitameonline.com/icycle/

MAiMATE:インヴァスト証券の安心トレードサービス

MAiMATE(マイメイト)はインヴァスト証券が無料で提供している強化学習型AIトレードサービスです。

「世界に1つだけ、あなただけのAI」を使ってトレードができると評判、FX初心者にもおすすめです。

ツールの種類 プログラム(AI)選択型
売買手数料 無料
向いている取引 中・長期(数ヶ月〜数年)
運用確認 過去実績詳細
使いやすさ ⭐⭐⭐⭐⭐
公式サイト https://www.invast.jp/maimate/

トラッキングトレード:初心者におすすめ

トラッキングトレードはFXブロードネットが提供している自動注文機能です。

注文設定をしてスタートすれば、発注からポジション管理までシステムが自動的に制御してくれます。

注文内容が明確で、1000通貨単位から取引が可能です。

ツールの種類 リピート系
売買手数料 新規口座開設から90日間は無料
向いている取引 中・長期(数ヶ月〜数年)
運用確認 デモトレード
使いやすさ ⭐⭐⭐⭐
公式サイト https://www.fxbroadnet.com/automatic_trade/about.jsp

トライオートFX:自動売買に注力したユニークなサービス

トライオートはFXとETF(上場投資信託)の取引を自動的にくり返す資産運用サービスで、インヴァスト証券が提供しています。

24時間、絶えず利益をねらっているので、投資機会を逃すことがありません。

上昇相場、下落相場、レンジ相場など、あらゆる相場に対応しているのもトライオートのメリットです。

ツールの種類 リピート系
売買手数料 <マニュアル注文>0円

<自動売買注文>
全通貨ペア一律でマークアップ手数料が適用

向いている取引 中・長期(数ヶ月〜数年)
運用確認 過去実績詳細
使いやすさ ⭐⭐⭐⭐
公式サイト https://www.invast.jp/triauto/

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

FX詐欺の手口に騙されないための事前対策法

FX詐欺事前対策

FX詐欺の手口や見分け方についてお話ししましたが、今回はFX詐欺に騙されないための事前対策法をご紹介します。

対策はするに越したことはありません。「自分は大丈夫」と思う方も多いと思いますが、詐欺師は隙を狙ってくるので、FX投資で失敗せずに稼ぐために出来る限り対策をしましょう。

事前対策法は以下の通りですので今後の参考にしてください

事前に対策をして、詐欺に遭わないようにしましょう。

派手な宣伝や画像、うたい文句は疑う

「絶対に儲かる」「誰でも簡単に利益を上げられる」といった謳い文句には注意しましょう。また、お金や美人の画像なども同様です。

詐欺師たちは、豪華な生活を装い、誰もが羨むような暮らしをSNSに投稿することが多いです。なぜなら、FX詐欺の標的を探すためです。

しかし、それらの生活はすべて嘘なので、信じてはいけません。

簡単に儲かる仕事は存在せず、FXを含む投資の必勝法もありません。

派手な宣伝や画像、謳い文句を使用している業者には、まず詐欺の疑いを持ち、トラブルを避けましょう。

金融庁の登録業者かどうか確認する

まず、登録されている業者かどうかを金融庁で確認しましょう

FXの自動売買自体は違法ではないため、金融庁が認可した業者が存在します。

金融庁に登録されている業者であれば、トラブルの可能性は低いでしょう。

未登録の業者を利用することは避けてください。

FXの自動売買を安全に行うためには、金融庁に登録された業者かを確認することが重要です。

金融庁のホームページでは、免許や登録を受けている業者の一覧を確認することができます。

検索で口コミ・評判を調べる

利用する前に、ネットで口コミや評判を検索して調査しましょう

悪い評価がないかや詐欺被害の有無を確認することが重要です。

もし悪い口コミや詐欺被害の報告がある場合は、その業者の利用を避けましょう。

詐欺の可能性があります。悪い口コミがないからといって過度に信用してはいけません。

また、良い評価を書いている人がサクラである可能性も考慮しましょう。

詐欺被害を避けるためには、業者の情報を利用する前に入念に調査することが重要です。

被害に遭ってから悪い口コミが多かったということにならないようにしましょう。

実際にFXを試したユーザーの詳細な口コミは非常に参考になります。

フォワードテストでチェックをする

フォワードテストを行って利益が見込めるかどうかをチェックしましょう。

フォワードテストとは、将来の相場で運用を行い、その結果を確認することです。

もし業者がフォワードテストの結果を公開していなかったり、拒否している場合は、FX詐欺の可能性を疑いましょう。

フォワードテストによって、人気トレーダーの運用が利益に結びつくかどうかをチェックすることができます。

フォワードテストには「リアルフォワードテスト」と「ウォークフォワードテスト」の2種類があります。

ただし、フォワードテストは予測であり、実際の取引では予想外の状況が発生する可能性も考慮されます

そのため、フォワードテストの結果を公開していないFX業者も存在します。

これは自動売買の欠点を知られることを避けるためです。

なお、フォワードテストの他にはバックテストという過去の相場でのテストもあります。

有料ツールを避ける

有料ツールの使用は避けることも良いでしょう

有料のツールを使ったからと言って必ずしも利益が得られるわけではありません。

また、高額な有料ツールを使用したからと言って、多くの利益が出るわけでもありません。

実際には、無料で公開されているルールを使って利益を上げている人もいます。

初心者は知識が不足しており、詐欺師の派手な宣伝に騙されて、高額な有料ツールを購入してしまうこともあります。

そのため、最初から有料ツールの使用を避けることが効果的です。これにより、詐欺被害に遭う可能性を減らすことができます。

数千円程度の値段の有料ツールであれば、利益を上げるのに役立つ可能性もありますが、数十万円以上するものであれば、詐欺の可能性が高いと言えます。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

FX詐欺の手口に騙されてしまった時の相談先

FX詐欺相談先

FX詐欺の手口は様々あるので、対策をしていても詐欺の被害にあってしまった人もいるでしょう。

そこで、被害にあった際にも適切なアドバイスを受けることのできる相談先をご紹介します。

また、それぞれのメリット・デメリットも書いておいたので、ぜひ参考にしてください。

相談先は主に以下の通りです。

FX詐欺の被害にあってしまった時は参考にしてくださいね。

警察に相談する

まずは、警察への相談方法です。警察に相談し、被害届を提出しましょう。

ただし、被害届を提出したからといって必ずしも捜査が行われるわけではありません。

しかし、被害者の数や被害額が大きい場合は、犯人逮捕に繋がる可能性が高まります。他の被害者のためにも、被害届を提出しましょう。

警視庁では、高額なFX詐欺に対する取り締まりに力を入れています。

警察に直接相談することにハードルを感じる場合は、警察相談窓口の#9110を利用することをおすすめします。110番の前に#9をつけると覚えやすいです。

#9110は生活に関わる悩み事を相談できる専用番号であり、状況に応じて専門の相談員や専門の部署につないでくれます。

110番との違いは、110番は緊急性の高い状況で使用する番号であり、#9110は緊急を要しない事案に使用する番号です。

次に警察に相談するメリットとデメリットに関して説明します。

メリット

  • 警察が事件の証拠を集めて真相を明らかにしてくれる
  • 詐欺行為を行った人物を特定し逮捕につながる場合もある
デメリット

  • 警察の捜査には時間がかかることがあり、返金までに時間がかかる可能性がある
  • 被害届を出しても必ずしも返金が保証されるわけではない
お金騙された 被害届
お金を貸したけど音信不通に!警察に連絡して懲らしめることは可能?被害届の出し方解説詐欺で数十万の資金を騙し取られたのにも関わらず、警察では被害届すら受理してくれないケースが多いです。 一方で弁護士であれば、犯人への直接請求や裁判を行った上で失った資金を全額返金させることができる可能性があります。 本記事では、貸したお金が返ってこないときの対処法や、弁護士が警察よりもお金の回収ができる理由について解説していきます。...

消費生活センターや国民生活センターなどの公的機関に相談する

消費者センターや国民生活センターへの相談も有益です。

消費者センターでは生活に関する悩みや問題を相談することができます。

FX詐欺などの相談も受け付けているので、#188と覚えておくと便利です。

電話だけでなく、各都道府県の消費者センターに直接相談することも可能です。

ただし、直接相談する場合は予約が必要なので注意が必要です。

また、消費者生活センターが休みの場合は、国民生活センターの休日窓口につながり、相談ができます。

休日でも心配事があればすぐに相談できるので安心です。

警察や弁護士に相談することにハードルを感じている方は、まず消費者センターや国民生活センターなどの公的機関に相談してみると良いでしょう。

法的な介入は消費者生活センターの職務範囲外ですが、同様のトラブルについて有益なアドバイスを提供してくれます。

次に公的機関に相談するメリットとデメリットに関して説明します。

メリット

  • 専門的なアドバイスや指導を受けることができる
  • 適切な対処方法や返金手続きのサポートを受けることができる
デメリット

  • 法的な権限が制限されており、返金までの具体的な保証はない
  • 対応までに時間がかかる場合があり、即効性を求める場合には不向きかもしれない

適格消費者団体

弁護士に相談をすれば詐欺にあった金額を取り戻す確率が高くなるとはいえ、被害金額がそれほど多くない場合に利用したいのが適格消費者団体です。

適格消費者団体というのは、消費者の利益を擁護するために差止請求権を行使できるという認定を国の内閣総理大臣から受けている法人のことです。

主な適格消費者団体としては、1970年に政府の出資で設置された国民生活センターの他に日本生活協同組合連合会(日生協)や日本消費者連盟、主婦連合会(主婦連)、そして全国地域婦人団体連絡協議会(全地婦連)などがあります。

全国の適格消費者団体一覧:https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/collective_litigation_system/about_qualified_consumer_organization/list/

次に公的機関に相談するメリットとデメリットに関して説明します。

メリット

  • 専門的な知識や経験を持つ団体が代理で交渉や手続きを行ってくれる
  • 集団訴訟などの手法を用いて、効果的に返金を目指すことができる場合がある
デメリット

  • 手数料や費用が発生する場合があり、返金額に影響を及ぼす可能性がある
  • 全てのケースで返金が保証されるわけではなく、個別の状況によって成果が異なる場合がある

金融サービス利用者相談室

金融サービス利用者相談室は、金融庁が設置しているサービス機関のことです。

金融サービス利用者相談室では金融サービスや金融行政に関する一般的な相談や質問を受け付けています。

ここに相談すれば、投資商品・証券市場制度・取引所等に関する問題を解決するための適切な機関を紹介してもらえます。

尚、相談受付は電話・FAX・Webサイトの他、文書(郵便)でも行っています。

金融サービス利用者相談室:https://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/index.html

次に金融サービス利用者相談室に連絡するメリットとデメリットに関して説明します。

メリット

  • 金融サービスに関する専門的なアドバイスを受けることができる
  • 金融機関との連携や交渉を行ってくれる場合があり、円滑な解決につながる場合がある
デメリット

  • 返金までの保証はなく、個別のケースによって成果が異なる場合がある
  • 相談窓口の混雑や対応までに時間がかかる場合がある

【おすすめ】弁護士に相談する

最後に一番おすすめの方法は弁護士に相談することです。

弁護士は法律の専門家であるため、知識が豊富です。

依頼するにはお金がかかりますが、返金の可能性が一番高いです。

被害額を回収することが可能だと判断された場合には、弁護士に一任できるので安心です。

弁護士にも得意分野はあるので、FX詐欺に強い弁護士に相談すると良いでしょう。

弁護士に依頼する際には、弁護士費用が被害額を上回る費用倒れに注意しましょう。

弁護士費用がいくらかかるかしっかり確認することが大切です。

有名弁護士に依頼すれば返金の可能性も高くなりますが、費用も高めになることが多いようですので、高額の返金が期待されるケース向けと言えます。

次に弁護士に依頼するメリットとデメリットに関して説明します。

メリット

  • 専門的な法的知識と経験を持つ弁護士が法的な対応をサポートしてくれる
  • 訴訟や法的手続きを進めることで返金の確率が高まる場合がある
デメリット

  • 弁護士費用がかかる場合があり、返金額に影響を及ぼす可能性がある
  • 法的手続きには時間がかかる場合があり、即効性を求める場合には不向きかもしれない

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

FX詐欺に関するよくある質問3つ

FX詐欺よくある質問

FX詐欺について詳しく解説しましたが、利用者のために、FX詐欺に関するよくある質問をご紹介します。

よくある質問は主に3つです。

では、詳しく説明しますね。

FX自動売買自体は本当に詐欺じゃないの?利益が得られる仕組みが知りたい

FXの自動売買は法律で認められていて本当に詐欺ではありません

簡単に言うとFXは外国の通貨を売ったり買ったりして、売値と買値の差額が利益となります。

自動売買とは、事前に設定しておいた条件を満たした時に、自動で売買される仕組みです。自動で売買することによって24時間取引ができて、常にチャートを見る必要がないようにプログラムされています。そのため、時間がない方などには良いですね。

FXの自動売買自体は詐欺ではないことを認識しておきましょう。また、FXは外国の通貨を売ったり買ったりして利益を出します。

弁護士に相談したときは費用はいくらかかる?

弁護士に相談した場合は、30分約5000円が相場と言われています。ですが、無料相談を実施している弁護士事務所も。

弁護士に依頼した場合は着手料、お金を回収できたときに発生する成功報酬、裁判所に行く必要がある場合は、日当などの様々な費用がかかります。

また、印紙代などは実費で支払う必要があります。弁護士事務所によって費用にばらつきがあるので、初回相談の際に依頼後にかかる費用を確認しましょう。

一概にこの金額、とは言えませんが、初回相談は5000円が相場です。

”FXトレード用のアプリのインストール”は全部怪しい?

FXトレードアプリのインストールは全部怪しいわけではありません。

金融庁に認められている正規の業者でもアプリを使用してトレードを行えるようになっています。そのため、FXトレード用のアプリをインストールすることが全て怪しいとは言い切れません。

ですが、必要以上にアプリのインストールを迫ってくる場合には詐欺を疑った方がよいでしょう。

アンチウイルス対策が万全に施されたパソコンやスマホを使用することも重要です。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。

まとめ:”怪しい”と思ったらすぐ相談!FX詐欺の手口を理解して十分に対策しよう

FX詐欺の手口や対策法をご紹介しました。

派手な謳い文句で自動売買ツールの購入や、突然メッセージが来てお金の話をされたら第一に詐欺を疑いましょう。

何度も言いますが、FXを含め投資に絶対はありません。絶対などといった甘い言葉は信用しないでください。詐欺に遭う危険性が高いです。

また、FX詐欺に遭わないようにするためには、金融庁の登録業者かどうか確認したり、ネットで業者について調べたりすることが大切です。

詐欺の被害に遭ってしまった時の相談先をあらかじめ知っておくと安心ですね。

FXの自動売買自体は詐欺ではないため、対策をして安全に使用しましょう。

FXは、上手に運用すれば資産運用のための手段としておすすめです。

\累計1,000人以上がLINE無料相談を利用/

※LINE登録後こちらからのお電話やしつこい勧誘連絡をすることは一切ありません。
※個人情報は、ご本人に連絡すること以外に一切利用しません。