ネット詐欺

国連関係者なりすまし詐欺に注意!UNHCRや国境なき医師団が怪しいって本当!?

「国連UNHCR協会の詐欺に遭った場合はどうしたらいいの?」このように悩んでいる人もいるでしょう。

  • 国連UNHCR協会関係者と名乗るものから連絡がきた
  • 国連UNHCR協会関係の詐欺に遭わない方法はある?
  • 詐欺に遭った場合はどうしたらいいの?

国連からの連絡が来たときは何か不安になってしまいますよね。

この記事で分かること
  • 国連UNHCR協会関係の医師や軍人になりすました悪質な詐欺が報告されている
  • 手口を知って対策しよう-具体的な詐欺事例を紹介
  • 国連関係の詐欺に遭わないための対策
  • 国連関係者を装った詐欺に遭った時の対処法3選

詐欺に遭ってしまうと手遅れな可能性もあります。

そのため、詐欺の手口や対策を知っておくことで不審な連絡が来ても、今回の記事に書いてあったことを思い出して、未然に詐欺に遭うのを防げます

もしも、詐欺に遭ってしまっても対処法を知っていれば、被害を最小限に抑えることができ大きな損害が出ません。

この記事を最後まで読んで、怪しい連絡に未然に対処できるようにしましょう。

\0円で今すぐアドバイスをもらう/

国連UNHCR協会関係の医師や軍人になりすました悪質な詐欺が報告されている

国連関係者なりすましの詐欺報告

最近では、国連関係の医師や軍人と名乗り詐欺に合うケースが報告されています。

現在、国連に関係する医師や軍人などを名乗る人物からソーシャルメディアを通じて、彼らの休暇や退職後の日本渡航に関わる手続きについて、費用の立て替え等を求められたという詐欺行為が以前から引き続き報告されています。また、国連総会の元議長などの国連関係者になりすまし、一般個人を国連親善大使に任命するなどと偽って、手続登録料金を要求する詐欺行為も報告されています。

引用元:国際連合広報センター‐詐欺にご注意ください!-

不審なURL等は不要に開かずに無視すると良いでしょう。

何度もくる場合は何か対策を打たなくてはいけません。

\0円で今すぐアドバイスをもらう/

手口を知って対策しよう-具体的な詐欺事例を紹介

国連詐欺の手口と事例

詐欺の手口をしっかり理解して、徹底的に対策をしましょう。

対策をするためには詐欺の手口を知っておく必要があります。

いざ自分の身に起きた時に、今回の事例と当てはまっていれば詐欺の可能性があります。

今回は3つの詐欺事例を紹介します。

手口1:「国境なき医師団」の医師、スタッフをかたる者による募金詐欺

「国境なき医師団」と名乗るものから、メールや電話等で募金や寄付金と装ってだまし取る詐欺があります。

近年「国境なき医師団」の医師、スタッフをかたる者がソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などを通じて連絡をとり、個人情報を聞き出したり、個人的に資金援助を求めたりする事案(国際ロマンス型詐欺*)が発生しています。

国境なき医師団のいかなるスタッフ(医療者、非医療従事者、事務局員など)も、SNSなどで一般の方がたに近づき、個人的に何らかの費用の立て替え、援助、支払いなどの依頼をすることはありません。不審な電話や手紙、電子メール、SNSメッセージなどが届いても、むやみに振り込みや返信をしないでください。

引用元:国境なき医師団-詐欺にご注意ください!-

「国境なき医師団」とは民間での非営利の医療や人道援助団体です。紛争や自然災害や貧困などで医療を必要とする国に独立、中立、公平な立場で援助活動をしている。

そのような、国境なき医師団と名乗りソーシャルメディアを通じて、個人情報やお金をだまし取るような詐欺が存在します。

直接個人情報を聞き出そうとしたり、偽IDカードを示して資金援助を求める事案が発生しています。

実際に、2018年8月に国境なき医師団と名乗るものから、70代女性が現金約1,000万円をだまし取られ、70歳男性を詐欺容疑で逮捕した報道もありました。

本日2018年8月17日、読売新聞と時事通信が、国境なき医師団の医師をかたり、70代の女性から現金約1000万円をだまし取ったとして、警視庁板橋署が70歳の男を詐欺容疑で逮捕したと報じました。

引用元:国境なき医師団

イエメンにいる医師を装った詐欺事例

イエメンの医師と名乗ってきた男性が女性に近づき現金約1,029万円だまし取る報道もありました。

京都府警宮津署は17日、京都府与謝野町の女性(53)がSNS(交流サイト)で知り合った「イエメン在住の医師」を名乗る男性に、計1029万円をだまし取られたと発表した。海外在住などを装って恋愛感情を抱かせ、金銭を詐取する「国際ロマンス詐欺」とみて捜査している

引用元:京都新聞

イエメン医師と名乗り恋愛感情を抱かせて、海外移住など結婚をほのめかし現金を奪うという詐欺です。

簡単に電話に出たり、メールやSNSを容易に開くのは十分に注意しましょう。

手口2:国連からのコロナ禍に関するファンドの詐欺メール

国連からのファンドメールで受益者の個人情報や補償基金が受け取れるという詐欺メールの事例があります。

2022年 6月30日に国連を騙るコロナ禍に関するファンドの詐欺メールが学内のメールアドレスに送信されてきていることを確認しました。

引用元:電気通信大学

コロナ禍である現在は、コロナに感染した人が補償基金というものがもらえていました。

補償基金がもらえるには条件があったりしますし、詐欺の手口の大体がメールで送られてきており、文章がおかしくなっていたり身に覚えのないものであれば無視しましょう。

不安であれば警察に届けるなどして対策しましょう。

手口3:医師や軍人を装い恋愛感情で騙す「国際ロマンス詐欺」

SNSなどを利用し、異性に対して恋愛感情を抱かせてお金を騙し取る。いわゆる国際ロマンス詐欺が増えています。

引用元:国民生活センター‐ロマンス投資詐欺が増加しています!-

国連の医師や軍人と名乗る異性から連絡が突然送られて、連絡を取ってるうちに恋愛感情を持つように仕向けられます。

そして、タイミングを見計らい、渡航費や荷物を送る料金が必要だと口実し、お金を騙し取る事案が発生しています。

手口4: UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を騙った戸別訪問

UNHCRの戸別訪問が家にきて寄付を要求してくる詐欺があります。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を装った詐欺事件が報告されています。UNHCRでの雇用に関する便宜の提供をほのめかした手数料請求、何らかの金銭の要求や個人情報の提供を求めるといった手口が確認されております。これらはあくまで不正な詐欺行為ですので、くれぐれもご注意下さい。

引用元:UNHCR

UNHCRを名乗りいかにも世のために寄付が必要と偽り、同情を誘うような手口で誘ってくるでしょう。

突然そのように寄付金をお願いするようなものに、簡単に家から出て事情を聞いてはいけません。

まず、インターホン越しに話すのが鉄則です。(そもそも話を聞かないほうがいいです)

家の中を覗かれたり、すぐに玄関を開けてくれると思いグッと距離を縮めてきます。

突然寄付金を集めてくることは、一般的ではないので無視をしましょう。

\0円で今すぐアドバイスをもらう/

国連やUNHCR関係の詐欺に遭わないための対策

国連詐欺の対策

国連関係の詐欺に遭わないためには対策が必須です。

  • 国連関係者が何か要求することは絶対に無いと知る
  • 「うまい話」には乗らない
  • 怪しければ専門機関に問い合わせる

対策を知らなければ、何の躊躇もなく話を聞いてしまったり疑いもないまま話に乗せられます。

国連詐欺に遭わないためにも、以下の対策を行いましょう。

国連関係者が個人的に連絡し、料金支払い・費用の立て替えを要求することは絶対に無いと知る

国連関係者から直接的に個人に連絡を取り、何か要求をするということはありません。

国連あるいは国連関係者が一般の方々に個人的に近づき、一般の方々に料金の支払いや費用の立て替えなどを要求することは一切ありません。

引用元:国際連合広報センター

でも、知らない電話番号から連絡が来て取ってしまった場合はどうしたらいい?と悩む人もいるでしょう。

このように「もしかすると大事な電話かもしれない」と思い電話を取ってしまった場合は、誰からの電話なのか聞いてすぐに電話を切りましょう。

深く内容を聞いてしまうと、人間の心理を突いて正当なことを言っているのではと信じてしまう可能性があります。

その場合は、国連関係者からの連絡は絶対に来ないと知っていれば、電話に出たとしてもすぐに切れる対応ができるでしょう。

恋愛感情や「うまい話」で誘い込む怪しい連絡には返信しない

恋愛感情に訴えかけるような連絡が来ても返信しないことが大事です。

そのような連絡は無いですし、そもそもなぜ連絡先を知っているのかを疑問に持ちましょう。

うまい話には基本的に乗らないようにしていれば回避できることですが、「なぜ連絡先を知っているのか?」などの返信もやめましょう。

そのような返信をしてしまえば、巧妙な手口で違う手法を使い詐欺に誘ってきます。

そのため、うまい話は絶対にないので連絡がきても絶対に返信しないようにしましょう。

怪しいと感じた時点で専門機関に問い合わせて事実確認をする

怪しいメールや怪しい電話があれば専門機関に問い合わせましょう。

連絡がきたら絶対に無視をしましょうと言われても「何か大事なことでは?」と不安になる可能性もあります。

そのような場合は、連絡がきたものに返信するのではなく、専門機関に問い合わせて事実確認をしましょう。

専門機関に連絡を取ることで、メールや電話をしてきた事実確認ができるので、安全に対処できます。

\0円で今すぐアドバイスをもらう/

国連やUNHCR関係者を装った詐欺に遭った時の対処法3選

国連詐欺の対処法

実際に詐欺に遭ってしまった場合の対処法を解説します。

  • 警察に相談する
  • 消費生活センター・国連支援交流協会に相談する
  • 弁護士に相談する

対策を知っていると安心ですが、実際にそのような状況になるとついつい電話を取ったり返信をしたりして、詐欺だと気づかない場合もあります。

後に、詐欺だと気づいたときに対処法を知っておくことで、被害を最小限に抑えることができダメージは少なくなるでしょう。

詐欺に遭わないことが一番良いですが、詐欺に遭ったときの対処法を知って心に余裕を持ちましょう。

警察に相談する

詐欺に遭ったときは警察に相談しにいきましょう。

詐欺は立派な犯罪なので相談すると対処してくれます。

警察に相談するときは何か証拠があれば調べやすいので、メールのスクリーンショットや電話の録音などしておけばスムーズに取り調べに移れます。

少しでも怪しいと感じたら、証拠を残す行動をしましょう。

警察に相談すると被害を少なくするために、口座の利用停止など被害を最小限に抑えられるでしょう。

消費生活センター、国連支援交流協会に相談する

消費生活センター国連支援交流協会に相談するのも一つの手段です。

消費生活センターとは、住民に対して消費生活上のサービスを提供している地方自治体の機関です。独立行政法人国民生活センターと連携しており全国に763箇所のセンターがあります。
国連支援交流協会とは、1988年にニューヨークで設立した国連支援交流財団の後任パートナーです。国連憲章第6条に基づき国内外への支援を目的にしています。

このような機関に相談すると、守秘義務もありますし安心して相談できます。

悪質商法などの詐欺等にもしっかり相談に乗ってくれ、最適な解決策をしてくれるでしょう。

消費生活センターは全国に展開しているので「電話では不安」という方でも、実際に会って相談ができ事実確認から解決まで行ってくれます。

弁護士に相談する

弁護士に相談することも一つの手段です。

弁護士に相談することで、常に被害を最小限に抑えるように行動してくれますし、相手と揉めないように仲介として入ってくれるので安心して任せられます。

弁護士費用などがかかりますが、被害が拡大するのを防ぐためには利用してもいいでしょう。

弁護士に依頼したからと言って必ず裁判になるとは限りません。

弁護士を依頼するときに注意すべきポイントは以下です。

  • 時系列をまとめおく
  • 証拠となるものはすべて見せる
  • 深刻な事態になる前に相談
  • 必ず本人が相談する

国連詐欺の相談先の一つとして弁護士があることも覚えておきましょう。

\0円で今すぐアドバイスをもらう/

まとめ:国連関係の公的機関、職員を名乗るメッセージに注意して騙されないようにしよう

国連詐欺まとめ

今回は国連に関する詐欺について解説しました。

  • なりすました詐欺が増えている
  • 国連に関する詐欺の手口を知っておこう
  • 国連からの個人的な連絡は絶対にない
  • 専門機関に問い合わせよう
  • 警察や弁護士に相談しよう

国連関係者を装い詐欺に遭うケースが増えています。

不審な連絡には疑いの目を持って対応しましょう。

また、身近な人が詐欺に遭いそうであれば、必ず阻止できるように今回の記事をしっかり理解しておきましょう。

\0円で今すぐアドバイスをもらう/